読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじさんAのプログラムメモ

30代のおじさんの主にプログラムについてのブログです

読書感想文「なぜ、あの人の周りに人が集まるのか? 仕事もお金も人望も、すべてが手に入る「大切なこと」」

対話形式で書いたらブログも書きやすいんじゃないかというテスト。

僕「本を読んだよ」

A「よく本を読むねえ。今度はなんて本を呼んだの?」

僕「なぜ、あの人の周りに人が集まるのか? 仕事もお金も人望も、すべてが手に入る「大切なこと」という本だよ」

A「長いタイトルだねー。どんな本?」

僕「ビジネス書だね。中身は小説形式だから読みやすいよ」

A「へー、小説形式のビジネス書か。どんなことが書いてあるの?」

僕「コンビニ再生の話だね。 売上が低迷していたあるコンビニエンスストアに、ある日一人のおばあちゃんアルバイトが入ってきた。 それが小柄でいつもニコニコしているおばあちゃんで、動作も遅いし、トイレも近い。 マニュアルもあまり守らないので、主人公であるその店のオーナーの娘は、最初そのおばあさんのことをよく思わないんだ。」

A「うんうん」

僕「そのおばあさん、ひとことでいうとすごいおせっかいなんだよね。 お客さんによく話しかけたり、お客さんの顔を覚えていつも買う商品を覚えたり、なんかしてそのうちそのおばあちゃんのファンのようなお客が増えてくる。

オーナーの娘もそれを見て、だんだんとこのおばあちゃん只者ではないと感じてくる。 そしてそのおばあちゃんの真似というか、やり方を取り入れていくんだよね。 売上のことを考えずに、まずはいかにして店に来てくれた人を喜ばせることができるか。

そんなことを続けていたら、その店のファンが増えて、クチコミで噂も広がって、最終的には、売上も大きく伸びて、めでたしめでたし」

A「へー、そんなにうまくいくかな」

僕「いや、そのへんは小説なんだしいいじゃん。 でも、本の中のいくつかのエピソードは実話に基づいているらしいよ」

A「へー、なるほどね」

僕「また、本読んだら話すよ」