読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじさんAのプログラムメモ

30代のおじさんの主にプログラムについてのブログです

視覚優位・触覚優位・聴覚優位、それぞれのITエンジニアの特徴

よく「視覚優位」「聴覚優位」「触覚優位」とかいう3分類の話を聞きます。 ITエンジニアだとどんな感じになるのかな、と考えてみました。

視覚優位
  • 情報を整理して、端的にまとめるのが得意
  • クラス設計やテーブル設計なども得意
  • 細かい機能を作っていくよりは、アーキテクチャーや共通機能を作る方が好き
  • GUIでの開発を好む
  • CUIで開発している人はすごいと思う反面、老害だと思っている
触覚優位
  • いわゆる職人タイプのエンジニア
  • CUIによる操作が得意
  • vi, emac大好き
  • Eclipse とか大嫌い。
  • Eclipseを使って開発しているやつは本物じゃないと思っている
  • インフラも得意
  • 開発スピードは早い
  • 休みの日も家でプログラムを書いている
    • キーボードを叩いているのがエクスタシーなため
    • 職場でもやばい顔してパソコンを叩いているときがたまにある
聴覚優位
  • いわゆるエンジニアというよりもマネージャータイプ
  • マネジメントや、セールスの方に適性を発揮する
  • 話がうまいし、会議での細かい発言もちゃんと記憶している
  • 文章を書くのも得意
    • だだし長い文になりがちで、視覚優位のエンジニアに「こいつはまとめるのが下手」と思われている
  • 俺様がチームの要だと思っている
最後に

まあ、そもそもこの3分類にどこまで客観性があるものかはわからないので、あくまでも飲みの席のネタ程度に捉えてください。。。 怒ったりしないでね